一期一会 アフリカンライフ~ベナン共和国~

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.17 Tue 04:17
途上国では汚職や不正行為は日常茶飯事ですが
もちろん ベナンも例外ではありません。

権力を行使して賄賂要求したり、不正を働いたりと
不当な手段でお金を集めようとする人が多くいて
気分のいいものではありません。

そして今日も1つ事件がありました。

以前から、自宅の外灯の調子が悪かったので
大家さんの顔見知りの修理屋を呼んで
みてもらうことになりました。

調べてもらった結果
外灯の全部品を交換することになりました。
その修理屋に新しい部品を買いにいくから
お金が欲しいと言われ、彼が要求したお金を
(高いなあ・・と思いながらも)1万フラン
渡しました。その代わり、ちゃんと領収書を
もらってくるように言ったので
まあ大丈夫だろう、と安心していました。

だけど、念のため、彼が買いに行っている間に
自分の家の警備員に部品の値段を尋ねたところ
絶対に1万フランなんてしないから
と言われました。

そして修理屋が戻り、領収書には1万フランと
書かれ、店の印鑑もちゃんと押してありましたが
やはり疑わしいので、彼が作業している間に
領収書に記載されているお店に電話をかけ
値段を確認したところ、実際の金額は
5千フランでした。

修理屋に問いただしてみるものの
とぼけるばかり。

埒があかないので、状況を把握している警備員に
買ったお店へ行ってもらったところ
その領収書は修理屋が勝手に書いたものと判明。
ただ 店の名前入りの領収書をどうやって手に入れたかまでは
追求しなかったけど、おそらく修理屋がいくらかの
お金を渡して 領収書を手に入れたのだろう。
つまりそのお店もグル。
もちろん5千フラン返してもらいました。

もうこれには腹立たしさを越えて
ベナンという国が残念でしょうがない、と思いました。

領収書も信用できない国。
こんなことをしていたら、修理屋はもちろん
お店の信用だってない。
この国の人はそんなこと気にしないのだろうか。
ただ 目の前にぶらさがるお金だけしか考えていないのか。

ベナン滞在16カ月になりますが
これまでに親切なベナン人にたくさん出会いました。
だけど、同じくらい今回みたいな腹立たしい思いを
する出来事もたくさんありました。

帰国までの残りの期間
心穏やかに過ごしたいと願うばかりです。

スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mi☆world

Author:mi☆world
青年海外協力隊として2年間、西アフリカのベナン共和国で活動します。
活動以外に・・・
アフリカを旅したい!
野生動物をみたい!
地平線に沈む夕日をみたい!

少しでも多くのアフリカンライフを皆様にお伝えしようと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Copyright © 一期一会 アフリカンライフ~ベナン共和国~ All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。